軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)ネタバレあらすじ感想


軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

エロマンガ立ち読み放題の管理人のゆうこです。

軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)ネタバレ感想のあらすじ。

射精管理部とは軍の中に特別に用意された部署であり、隊員たちの病気の蔓延を防いだり性処理を行うのが主な仕事である。

射精管理部の大尉でもあるダリアは見た目がクールなわりに物腰が柔らかなので、みんなからも人気のある女性だった。

そして常に召集がかけられて、現場へと足を運ぶのだった。

性処理の相手は隊員から上官まで様々。

みんなシフトで決められた時間に決められた部屋に向かって、隊員のせい処理が行われていた。

その際には必ずルールが設けられており、必ずオナホを使用すること、膣は使用しないこと、補佐官が必ず護衛と記録のために一人同席することが義務付けられている。

また中途半端に終わってしまわないように、しっかりと性処理をすることも重要な責任だった。

そして相手は常に一人ではなかった。

食事会が上官と行われるときにはその後流れで複数を相手にする乱行となることも珍しくない。

その日も上官と食事の席で、媚薬を使用して楽しもうと言うことになった。

媚薬は特に規定違反ではないが、補佐官としては大尉の健康を守ることも仕事なので心配になった。

構わない、そう言って挑んだ大尉。

終わった後には立てなくなるほどの状態になっていた。

とりあえずシャワーへと連れて行った補佐官だったが、そこで大尉は真鯛薬がきれておらず…

なんとかして欲しいとねだる大尉、仕方なく補佐官は指で…

それからと言うもの大尉は職務中に補佐官をに視線を送るようになって??


軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)詳細はこちら

エロマンガ立ち読み放題の管理人のゆうこの感想

この作家さんのは結構好きなのでたくさん読んでいたんですが、これがもしかしたら一番最高かもしれない…

めちゃくちゃエロいと言うか、主人公も全然満たされてないってところがまたいい感じ。

違う意味での焦らし系なので、最後の方がこっちもなんかスッキリって感じです!

結構これは何度も読んでしまうほどハマる漫画かも…

この作家さんが好きな人は絶対に読むべき漫画!かなりオススメです!!

画像

軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)のお話の好きなシーン

補佐官に指でしてもらっているシーンがすごく好きです。

特に指でシテ!っておねだりするところなんか最高でした!

漫画名 軍隊式射精管理
サークル ヨールキ・パールキ
作者名 ヨールキ・パールキ
配信元 FANZAコミック
何話まで 全話まで(2018/10/1 現在)
価格 全話972円

軍隊式射精管理の興奮したシーン

他の隊員とやりながら補佐官を見つめるシーンにはもう大興奮。

寝取られじゃないけど…やってないからこそあんな顔で見られるというのはちょっと誘ってる?と勘違いしてしまいそうです。

軍隊式射精管理の好きな登場人物

やっぱりダリアが一番でしょう。

あんなにクールな印象なのにあそこまでいやらしくなれるなんて…

でも娼婦じゃないところがお気に入りですね。

軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)ネタバレ感想


軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)詳細はこちら

エロマンガ立ち読み放題の管理人のゆうこでした。

ごきげんよう さようなら バイバイ!!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.